閉店セール開催中最大45%off 期間:2018年11月16日(金)〜2018年11月25日(日) セール会場はこちら

トルコギキョウ ボヤージュ(R) ミックス 1袋 【種子の注文数量8点(組合せ自由)までネコポス対応可】

ボリュームのある豪華な花形が魅力の大輪フリンジ八重咲き

  • 商品コード : 4974449092994
  • トルコギキョウ ボヤージュ(R) ミックス 1袋 【種子の注文数量8点(組合せ自由)までネコポス対応可】

¥540 (税込) 送料別

【原産地】 :
北アメリカ メキシコ
【科・属名】 :
リンドウ科トルコギキョウ属
【学名】 :
Eustoma grandiflourum
【英名】 :
Prairie gentian
【和名】 :
トルコギキョウ
【発芽までの日数】 :
15〜20日
【発芽適温(地温)】 :
20℃前後
【生育適温】 :
20℃前後
【花径・花穂長・実の大きさ・穂長】 :
約10cm
【1袋の粒数(目安)】 :
約70粒

在庫 : わずか(4以下)

※ネコポスで配送する場合、代金引換は選択できません。また、ネコポスは通常の配送よりも商品到着までの日数がかかる場合がございます。ネコポスから宅急便(代引可)への切り替えを希望する場合はこちらをクリックしてください。

  • こちらの商品はネコポスをご利用いただけます。
  • ※ネコポス可能商品の中で組み合わせ自由。
  • ※限度数を超える、またはネコポス不可の商品と一緒にご購入の場合、宅急便料金となります。
ネコポス利用限度数:
8品まで
お気に入りに追加

豪華な花形が魅力の大輪フリンジ(花弁の縁が波打つ)八重咲きのトルコギキョウです。(5%前後でフリルの弱い個体が出現します)分枝が旺盛で花弁が厚く花もちがいいので切り花に向いています。また、花首がかたく花径約10cmの花をしっかり支え、アレンジメントにも向いています。「ボヤージュ」とはフランス語で「旅立ち」を意味します。ボリュームある豪華な花はブライダルフラワーとして”新たな人生の旅立ちをする花嫁に祝福の花を”といったイメージで命名しました。

詳しい情報はこちら!

【タネまき】発芽適温は20℃前後でこの温度を維持するよう管理します。タネは微細なので、コーティングしてやや大きくしてあります。ジフィーセブンに3〜5粒まき、好光性なので土をかけず、受け皿給水をします。育苗には約2か月と長い期間が必要です。

【タネまき、育苗】@吸水させるだけで培養土ポットになるスグレモノ。そのまま植えられるので根を傷める心配がなく生育抜群です。肥料成分(初期成育に必要な少量)やpH(酸度)調整済みのため発芽や生育にムラやバラつきが少なく、また細かいタネをまくのに適しています。ジフィー底面吸水トレーなどを使用し水を注ぎます。水温、気温が低いときはお湯またはぬるま湯を使うと吸水しやすく早く膨らみます。A十分に吸水したら、中央部を軽くほぐしてから指で平らにしてからタネをまきます。お湯を使った場合は熱くなるので注意して、きちんと冷めるまで、しばらく置いておきます。B発芽したら元気な苗を1本残して、ほかは間引きます。初期成育が遅いので、生育適温を保ち本葉4枚のころ(タネまき後40〜50日)まで室内の明るい場所で管理します。水を替えながら給水し、時々薄い液肥を与えます。徒長しないように、日によく当てて管理し、乾かさないように注意します。Cピートバンにタネまきした場合は、本葉が見える程度の小苗のうちに根を切らないように、はしなどで苗を堀り上げ、1本1本根をほぐしてからセルトレイやポットに植え替えて育苗する方法と、本葉4枚のころに根を切らないようにブランターや鉢に植えつける方法があります。育苗期間が長いので、環境に敏感な期間は移動が可能なポット管理がおすすめです。Dジフィーセブンから根が出てきたら、小鉢やポットに植え替えます。ジフィーポットに植え替えると植えつけが省力化できます。(そのまま植えつけても土の中で分解して土に戻ります)水で湿らせたジフィーポットに培養土を入れて、さらに水をかけ十分に湿らせ、半分ほど乾いてから植え替えます。根を傷めないように注意して植え替えます。E育苗期間が長いので、肥料切れのないように液肥を与えます。本葉4節目で茎が伸び始めたころに植えつけます。完熟堆肥、腐葉土、赤玉小粒を混ぜた土に元肥、緩効性肥料などを入れてよく耕しておきます。弱酸性を好むので、酸性土の場合は、あらかじめ苦土石灰を入れ調整しておきます。プランターでは株間15cm、6号鉢(18cm)では3株植えが標準です。根が切れると草丈が伸びにくいので注意して植えつけます。Fトルコギキョウの原産地では生育期が雨期、開花期が乾期となるので花は雨を嫌います。蕾が見えるころまでは水を多めに与えて育てますが、開花期が近づいたら長雨の当たらない場所に移動させるか、雨よけをします。育苗中は2週間に1回の割合で追肥(液肥)を施すと花が大きくなり、たくさん咲きます。

【植え替え】本葉2〜4枚のころ小鉢やポットに植え替えます。用土は有機質に富む水はけのよい清潔な土(完熟堆肥、腐葉土、赤玉小粒など)を使用します。病気の発生を防ぎ丈夫な苗をつくるため、日当たり、水はけ、風とおしのよいところで管理します。

【植えつけ】有機質に富む土壌を好むので、完熟堆肥、腐葉土、赤玉土小粒を施した土に緩効性肥料を入れておきます。植えつけ後は根の張りをよくするため水をたっぷりと与えます。プランターでは株間約15cmで植えつけます。6号鉢(18cm)なら3株植えが標準です。

【管理】育苗期間は2ヶ月と長いので、適温を保ち生育期は水を多めにし、開花期が近くなったら水を少なめに与えます。また、開花時期には長雨の当たらないところで管理か雨よけするとよいでしょう。寒さには比較的強いので日当たりのよい軒下での管理、または凍らないように簡単な霜よけが必要です。

【病害虫】病害虫の少ない丈夫な品種ですが、用土は水はけのよい消毒済みのものを使用します。立枯病が発生することもあるので連作は避けます。アブラムシ、ダニが発生したら早めに薬剤散布をします。

【栽培】本葉2枚が開くまで、時々水をかえながら給水します。本葉4枚のころまでは室内の明るい場所で管理し、時々薄い液肥を与えます。ジフィーセブンの外に根が出てきたら、小鉢やポットに植え替えます。本葉4節目で茎が伸び始めたころ、完熟堆肥や腐葉土、赤玉小粒を混ぜた土に、プランターでは株間約15p、18p鉢では3株ほどで植えつけます。

※原産地と種子の生産地は異なります。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。